動薬研究アーカイブ

弊社学術誌「動薬研究」は、1975年の創刊以来、畜産、小動物、環境衛生分野でご活躍の先生方よりご寄稿いただいた貴重な論文を多数収録しています。皆様のご研究や生産活動にご活用ください。

バックナンバーのご案内

VolNo.内容Download
70薬物動態学の基礎IV 薬物排泄下田 実PDF文書(約2.4MB)
飛来昆虫サシバエ・アブの生態とその防除佐々木 均
臨床現場でできる薬剤感受性試験片岡 康
大腸菌群による甚急性乳房炎の臨床現場で用いる新しいスコアリング久枝啓一
バイトリル 10% 注射液の新投与経路による効能追加関口 昇
69薬物動態学の基礎3 薬物代謝下田 実PDF文書(約5.1MB)
「慢性腎不全におかえるリン代謝とリンのコントロールの重要性」星 史雄
ペット動物および人のマダニ咬症とマダニ媒介性疾患佐伯英治
乳房炎コントロールにおける次のステップ三好志朗
68薬物動態学の基礎II-2. 薬物の吸収下田 実PDF文書(約7.9MB)
犬及び猫の変形性関節症の診断と管理Brian S. Beale
多川政弘
佐怒賀宣之
牛小型ピロプラズマ病の現状と課題横山直明
猫回虫 Toxocara cati ―ニワトリにおける幼虫の移行動態―平 健介
小動物診療施設における感染防御 ―消毒の重要性―兼島 孝
養豚場における衛生害虫(ゴキブリ)の実態と「ボルホ®50%」を用いた駆除対策加藤慎治
67薬物動態学の基礎I ―薬物分布とその支配要因―下田 実PDF文書(約5.5MB)
「マイコプラズマ性乳房炎の現状と課題」樋口豪紀
ヒノキチオールの生物活性について向本雅郁
変形性関節症における多様な管理Steven M. Fox
藤木 誠
佐怒賀宣之
乳牛舎におけるサシバエ対策技術永井秀樹
66獣医臨床とMSW(変異株選抜濃度域)小久江栄一PDF文書(約4.9MB)
家庭で飼育されているイヌとネコにおける消化管内寄生虫の調査伊藤直之
哺乳豚のコクシジウム病 -臨床実務での検査法についての一検討-平 健介
新規抗コクシジウム製剤「豚用バイコックス®」国内使用事例紹介加藤慎治
65子牛のコクシジウム症の現状と今後の展望堀井洋一郎
梅木俊樹
PDF文書(約6.0MB)
新しい牛・豚の抗コクシジウム剤「牛用バイコックス®」及び「豚用バイコックス®垣平博臣
日本国内における牛コクシジウム原虫の浸潤状況について加藤慎治
豚の大腸菌症末吉益雄
64新しい猫の消化管内寄生蠕虫駆除剤「プロフェンダー® スポット」関口 昇PDF文書(約4.5MB)
動物用抗菌剤の使用状況と耐性菌の現状 -ヒトにいたる耐性菌の伝播経路-田村 豊
乳牛のマイコトキシン中毒に対するベントナイトの飼料添加効果と北海道における粗飼料のマイコトキシン汚染実態木田克弥
牛の免疫機能と飼養管理:オムニゲンAFの可能性岡部景子
63放牧と小型ピロプラズマ病対策寺田 裕PDF文書(約3.7MB)
フルオロキノロン剤:エンロフロキサシン、ディフロキサシン、マルボフロキサシン及びオルビフロオキサシンの犬における単回投与後の血清薬理動態E.HEINEN
畜産領域におけるエンロフロキサシン(ERFX)の薬剤感受性調査結果について藤田真司
新規イエバエ用殺虫剤「ノックベイト」山本喜康
62マダニとマダニ性媒介疾病の対策、とくにマダニの吸血生理と自然免疫に関する知見をもとにして藤崎幸蔵PDF文書(約10.9MB)
ズーノーシスとしてのイヌ・ネコ回虫症の重要性藤田紘一郎
熱煙霧による除菌効果試験及び熱煙霧を加えた総合的消毒の効果横関正直
PasteurellaおよびMycoplasma感染未発症導入牛に対するエンロフロサキシンの呼吸器病発症防止効果加藤敏英
61鶏に寄生するワクモとトリサシダニの生態中前均PDF文書(約12.0MB)
ダニの分子を用いたダニ媒介性感染症の予防―抗ダニワクチンの開発―小沼操ら
養殖魚類に寄生するBenedenia seriolaeに対するプラジクアンテルの効果について横山勝義
ハエ蛹寄生蜂を用いたハエの総合管理技術朝見恭裕ら
ヨーネ菌の感染機構ならびにヨーネ病の病態特性、診断方法及び防疫対応横溝祐一

※Vol.39より以前のバックナンバーについては、弊社までお問い合せください。

Get AdobeReader

当サイトのPDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader™ 6.0以降を推奨します。5.0以下をご使用の方は左のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のサイトから最新のAdobe Reader™7.0をダウンロードしてください(ダウンロードは無料です)。アドビシステムズ、Adobe Readerのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

このページのトップへ
BAYER
Copyright © 2011 Bayer Yakuhin, Ltd.