講演レポート

Bayer International Bayer Cattle Symposium 2018[2018年8月28日(火)ホテルエミシア札幌]…アジアで初めての開催となる、第30回世界牛病学会(WBC)の札幌での開催に伴い、International Bayer Cattle Symposiumを北海道札幌市にて開催しました。タイトルのとおり、国外から生産獣医療における経験豊富な講師を招き、コクシジウム病のコントロールから乳牛の生産性の向上、さらにバイエルがめざす動物福祉の向上など、さまざまな情報提供が行われました。当コンテンツでは、その講演内容をレポートいたします。

まずシンポジウム冒頭では、バイエルアニマルヘルス部門のデイリーマーケティングのトップであるRinse Boersmaから、今回のテーマのひとつである動物福祉についてのメッセージがありました。さらに、動物福祉に関わるバイエルの動向として、牛のwell-beingに向けて創意工夫を凝らす世界中の畜産のプロを支援する「Care4Cattle」を紹介。バイエルは今後もさまざまな方法で動物のwell-beingとそれに関わる方々を支援していくと述べました。

Roundtable discussion

「動物福祉の向上」…Ruaradh Petre, Executive Director, Grobal Roundtable for Sustainable Beef/Mark Bryan, Managing Director, VetSouth Ltd, New Zealand/Rinse Boersma, Head of Dairy Markething, bayer Animal Health詳しくはこちら

Cattle Symposium

講演1「若齢牛における重要な疾病の一つである牛コクシジウム病を管理・防除すべき理由とその方法」…Prof. Heidi L. Enemark, Norwegian Veterinary Institute, Oslo, Norway講演2「抗菌薬と耐性菌予防-現場で正しく理解し行動する重要性-」…Prof. Joseph M. Blondeau, University of Saskatchewan, Canada講演3「新生子牛の栄養における新たな概念-初乳から常乳に至るまで-」…Prof. Michael A. Steele, University of Alberta, Canada講演4「乳牛移行期における代謝管理」…Prof. Thomas R. Overton, Cornell University, Ithaca, USA詳しくはこちら
Topics:2018年8月28日から9月1日まで北海道札幌市で開催された第30回世界牛病学会にて、バイエルがメジャースポンサーとして参加。動物福祉の向上や、牛の健康と管理に関する問題に取り組むことなどを発表しました。
このページのトップへ
BAYER
Copyright © 2011 Bayer Yakuhin, Ltd.