製品情報

<当ページは要指示医薬品の情報を提供しています>

牛用エンロフロキサシン経口液製剤 バイトリル®2.5%HV液

牛要指示医薬品動物用医薬品

エンロフロキサシンを主成分とする経口投与型フルオロキノロン製剤。すぐれた抗菌活性と経口吸収率を有する抗菌剤です。3ヶ月齢までの子牛の肺炎、下痢症に対しすぐれた臨床効果を発揮し、多剤耐性菌にも有効です。

バイトリル®2.5%HV液

特長

  • 抗菌スペクトラムが広く、グラム陽性・陰性菌及びマイコプラズマに対し、殺菌的に作用します。
  • 細菌細胞のDNAジャイレースに特異的に作用して増殖を阻害しますが、動物細胞のDNAには直接作用できないため、動物に対しては安全です。
  • 経口吸収率が高く、投与後速やかに標的臓器に移行します。
  • 牛の大腸菌性下痢症ならびに肺炎に対しすぐれた効果を示します。
  • 粘稠剤を加え、直接経口投与したとき吐き出しにくいように工夫された製剤です。
  • 子牛に飲ませやすい剤型です。

製品紹介

製品名バイトリル®2.5%HV液
用途グラム陽性・陰性菌及びマイコプラズマの殺菌、牛の大腸菌性下痢症や肺炎の治療
使用対象
効能・効果
  • 有効菌種:本剤に感受性の下記菌種
    マイコプラズマ・ボビス、ウレアプラズマ・ディバーサム、パスツレラ・ムルトシダ、大腸菌
  • 適応症:第一選択薬が無効の場合の下記適応症
    牛:肺炎、大腸菌性下痢症
用法・用量
  • 1日1回、体重1kg当たりエンロフロキサシンとして下記のとおり強制経口投与する。
    牛(3ヵ月齢を超える牛を除く):肺炎 2.5~5mg、 3~5日間
    大腸菌性下痢症 2.5mg、 3日間
    肺炎に対して、投与3日以内に臨床的に好転が見られない場合には、他の治療法への変更を検討すること。
成分・分量本品100mL中に、エンロフロキサシン2.5gを含有
形状(包装)100mL
バイトリル®2.5%HV液に関する資料がダウンロードできます。
Get AdobeReader

当サイトのPDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader™ 6.0以降を推奨します。5.0以下をご使用の方は左のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のサイトから最新のAdobe Reader™7.0をダウンロードしてください(ダウンロードは無料です)。アドビシステムズ、Adobe Readerのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

このページのトップへ
BAYER
Copyright © 2011 Bayer Yakuhin, Ltd.