製品情報

牛の内部寄生虫及び外部寄生虫駆除剤 バイメック®トピカル

牛使用基準動物用医薬品

投与方法が簡便なプアオンタイプの駆除薬。牛の内部寄生虫(オステルターグ胃虫、牛腸結節虫、クーペリア、毛様線虫、乳頭糞線虫及び肺虫)及び外部寄生虫(疥癬ダニ、シラミ、ノサシバエ)に高い駆除効果を発揮します。

バイメック®トピカル

特長

牛の内部寄生虫及び外部寄生虫の駆除にすぐれた効果を示します。

製品紹介

製品名バイメック®トピカル
用途内部寄生虫及び外部寄生虫の駆除
使用対象
効能・効果
  • 牛(搾乳牛及び分娩予定日前28日間の乳用牛を除く)の下記の内部寄生虫及び外部寄生虫の駆除
    内部寄生虫:オステルターグ胃虫、牛腸結節虫、クーペリア、毛様線虫、乳頭糞線虫及び牛肺虫
    外部寄生虫:疥癬ダニ(食皮ヒゼンダニ)、シラミ及びノサシバエ
  • 牛(搾乳牛及び分娩予定日前28日間の乳用牛を除く)のマダニによる吸血の抑制
用法・用量体重1kg当たりイベルメクチンとして500μg(本剤として0.1mL)を1回、牛(搾乳牛及び分娩予定日前28日間の乳用牛を除く)の背線部のき甲から尾根にかけて直線的に注ぐ。
投与量
 体重(kg)
50100200300400500
投与量(mL)51020304050
体重10kgあたり1mLの割合で投与すること。
成分・分量本品100mL中にイベルメクチン0.50gを含有
形状(包装)1L、5L
バイメック®トピカルに関する資料がダウンロードできます。
Get AdobeReader

当サイトのPDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader™ 6.0以降を推奨します。5.0以下をご使用の方は左のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のサイトから最新のAdobe Reader™7.0をダウンロードしてください(ダウンロードは無料です)。アドビシステムズ、Adobe Readerのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

このページのトップへ
BAYER
Copyright © 2011 Bayer Yakuhin, Ltd.