子牛パワーアッププログラム

子牛パワーアップ プログラム スケジュール

分娩日から3ヵ月齢までのスケジュールを“見える化”。「初乳対策」「寄生虫対策」「環境対策」の
各プログラム内容を、1ページにまとめました。ぜひ、ご活用ください。

プログラム内容
  1. 分娩日
  2. 1ヵ月齢
  3. 2ヵ月齢
  4. 3ヵ月齢

初乳対策

  1. 1.初乳の給与
初乳給与:子牛の哺乳欲を確認した後、できるだけ分娩後6時間以内に給与

初乳の量や質に不安がある場合は、ヘッドスタートを使用。初乳を代替、もしくは初乳にプラスし、グロブリンやエネルギーなど多くの栄養素を補給する。

寄生虫対策

  1. 2.内部寄生虫の駆除
  2. 3.外部寄生虫の駆除
  3. 4.コクシジウムの予防
シラミ、カイセン、マダニなどによる皮膚病やストレスを軽減
獣医師と相談し、最適なコクシジウム対策を実施

栄養吸収を担う腸管を健康に保つ

環境対策

  1. 5.環境の洗浄・消毒
  2. 6.衛生害虫の対策
カーフハッチ・牛舎ならびに使用器具類の定期的な消毒、踏込み槽の設置
生まれてくる子牛のために・・・分娩30日前からの対策も大切です。

母牛の寄生虫対策内部寄生虫の駆除牛肺虫、毛様線虫、クーペリアなどの内部寄生虫駆除をおこない、寄生虫による生産性低下を防ぎ、子牛への感染予防に努めましょう。外部寄生虫の駆除シラミ、カイセン、マダニなどの外部寄生虫駆除をおこない、寄生虫による皮膚病の予防やストレス軽減に努めましょう。

分娩直前の環境対策分娩舎の洗浄・消毒子牛は無菌状態で産まれます。従って分娩舎は常に清掃・除菌・消毒を行い、母牛を導入します。踏込み槽も設置し、病原体の侵入を少しでも阻止することも重要です。衛生害虫の対策分娩前から定期的に牛舎やハッチ周辺を清掃・洗浄し、ハエ発生源を除去しましょう。成虫対策も忘れずに。

このページのトップへ
BAYER
Copyright © 2011 Bayer Yakuhin, Ltd.